読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The future starts today

Webとか英語とか育児とかに関する雑記

DMM英会話を半年続けてみた所感

英語

http://www.flickr.com/photos/33050988@N03/8401320130

photo by Sudheer.

意外とDMM英会話を始めてからもうすぐ半年経ちそうなので、ここまでのことについてまとめてみる。

何か変化があったか

もともと英語は苦手科目だった。
とは言え大学受験には必須だったため学生時代に一番勉強した科目でもあった。
けど、当時はどんなに勉強しても英語力はなかなか伸びなかった。
今思えば、それは
  • 単語の勉強
  • 長文読解
を繰り返し、とにかく自分は英語を勉強したという満足感で英語への不安を取り除こうとしていただけだったように思える。

英語がちょっと好きになった

DMM英会話を始めてから自分の中で変わったと思うのは、英語のことがちょっと好きになってきたということ。
今でもそんな対して英語が出来るわけではないが、明らかに昔よりは上達したという実感があるからかもしれない。

スピーキングから始まる正のループ

確実に言えるのは、「英語を話すこと」は楽しい。
リーディングもリスニングも自分にとっては結構苦行だったけど、スピーキングは唯一楽しいと思った。
そして、英語が話せるようになってくると、リスニングの重要性に気付いた。
喋れても相手から返ってくる言葉が聞き取れなくて会話が続かないからだ。
そういうモチベーションでリスニングの勉強をすると、これまたちょっと楽しい。
スピーキングを鍛えたことで、おそらくリスニング能力も多少上がっているというのも理由の一つかもしれない。
人間、自分で発音できない音は聴き取ることが出来ないとどこかの本で読んだことがあるから、きっとそうだ。
そしてリーディングも昔よりは苦でなくなった。
スピーキングを練習していると、「英語の文章を流暢に発音したい」という欲が出てくる。
噛まずに、滑らかに、抑揚をつけて音読したい。
英語の文章を読むとき、心の中でそれを発音しつつ、うまく喋れるかどうか確認している自分がいる。
これは明らかにスピーキングによる副産物だと思う。

どんな感じでレッスンを受けていたか

自分はDMM英会話の中の一番安いプランを選択している。
  • 4,950円/月
  • 1日1回まで
  • 1回25分
というプランだ。
1ヶ月=30日という計算でいくと、毎日受けて25分で165円
英会話業界としては破格な安さだと思う。
オンライン英会話でなく、英会話教室に通う場合、一コマあたり5000円くらいかかるので、そのお金でひと月分支払えてしまうという恐ろしい価格設定だ。
自分は、正直毎日やってたらしんどくなって続かない気がしていたので、月水金で受けると決めていた。
だいたい朝7:00からレッスンを受けている。
週3日だと、一コマあたりの単価は380円くらいになるが、まぁ仕方ない。
無理せずに続けることが大事だと思っている。
(去年までは実は月3,950円だったんですけどね。。まぁさすがに安すぎたのでしょう。)
25分という時間は意外とちょうど良いと思っている。
いい感じに話が弾んで楽しい気持ちのまま終えることが出来るので、次につながる。

講師陣の質

これに関しては、やはり色んな人がいる。

ひとつ言えるのは、アメリカ人とかイギリス人はほぼいない。(まだ見たことない)
フィリピン、セルビアあたりが多い。
ただ、フィリピン人でもセルビア人でも発音が綺麗な人はいくらでもいる。
なので、もはや国籍はあまり関係ないと思う。

性格もそれぞれで、すごいテンション高くて常に面白い先生もいれば、聞き上手で、言葉に詰まってもじっと待ってくれる先生もいる。

人によって合う合わないはあると思うけど、基本的に自分が良いなと思った先生は皆良いと思っていて、人気が高いことが多い。

お気に入りの先生を5人くらい見つけて、自分のスケジュールにある人をその都度予約する感じが良いと思う。

最初は、お気に入り登録数が極端に高い先生を選んでおけば、まず間違いないと思う。

講師陣は皆現地に住んでいるので、なかなかスケジュール的に合わないことも多いけど、5人くらいお気に入りの先生がいると、誰かは予約が取れる。

教材

DMM英会話ではWeb上にオンライン教材を用意してくれていて、その教材を見ながらお互いスカイプで会話する。
自分はだいたいデイリーニュース初級編を利用している。

語彙の確認 → 本文の音読 → 質問 → ディスカッション

という流れ。

本文の音読は、発音を真似したいので、先生の後に一文ずつ追っかけて読むようにしている。(Repeat after me. というやつ)

基本的にはディスカッションに多く時間を費やしたい。

英会話を始めたきっかけ

サンフランシスコで行われるWeb系のカンファレンスに参加したかったというのが大きな理由。

自分の勤めている企業では、海外主張のためのTOEICボーダーが設けられており、TOEICの点を上げる必要と、現地で喋るための能力が必要だと思っていた。

DMM英会話はまさに「現地で喋るための能力」を身に付けるために始めた。

そして何やかんやTOEICの点も上がり、めでたく先月、サンフランシスコ出張に行ってきた。

自分の英語がちゃんと現地でも通じるということが分かり、嬉しかった。

海外出張に行ったことで目的を果たしてしまったが、DMM英会話はまだ続けている。

英語はやっておいて損することはまずないし、確実に今後必要になってくるからだ。

学んだことを活かせる機会を増やし、モチベーションを維持しつつ続けていきたい。