読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The future starts today

Webとか英語とか育児とかに関する雑記

顔と名前を覚えるのが得意すぎてツラい

f:id:shibe97:20170417223901j:plain

先日こんなツイートをしたところ、思ったより反響があったのでこれについて書いてみる。

自分は、1回でも面と向かって話したことがある人であれば、顔と名前はだいたい覚えている。

少なくとも顔はほぼ100%覚えている。

1度しか話したことがない場合、久々に会うと相手には覚えられていないことの方が多いのだが、たまに覚えてくれている人もいる。

俺調べでは、ビジネス寄り(営業とか企画)の方が多い。

逆にエンジニア、デザイナーは高確率で覚えられていない。笑

「覚えられないくらい印象が薄いのでは?」と言われたらそれまでだが、それにしてもだいぶ偏りがあると思う。

一度会社内でこの話をしたときに同調してくれた方々は皆、所謂「コミュ力が高い」部類の方々だった。

ちなみに皆、既婚。 周りをよく見ていて、ささいなことに気を遣えるような方々だった。

先日の飲み会の話

社内の若手デザイナーを集めて飲もうという会があった。

自分は5年目で、例年新卒研修で教える立場だったため、全員に対して面識があるつもりだった。

その場にいたとある後輩に

「久しぶりだね〇〇さん、最近は何やってるの〜?」

とさらっと聞いてみたところ、「え?」と驚きの表情と共に相手に焦りが見えた。

「誰だっけ・・・」と必死に頭のデータベース内を探っていた。

「あ、覚えてないか〜」とすかさずフォローを入れたが、なんとも言い難い悲しい気持ちになった。

先日の廊下での出来事

自分はデザイナーだが、とある案件で営業の方々(全員初見)+自分で飲みに行ったことがあった。

その中にデザイナーの業務に興味を持ってくれた先輩がいた。

ばっちりスーツを着こなしていて、「この人はモテそうだ。」という印象だった。

それ以来、3ヶ月に1度くらい社内でばったり会うが、その度に向こうから会釈してくれる。

先日は会社の廊下で20 ~ 30メートル先から会釈してくれて驚いた。

自分より相手の方が先に気づくということが自分にとっては結構珍しく、素直に「この人はすごい」と思った。 信頼できる人だと思った。

顔と名前を覚えることのメリット

自分の場合、1度しか話したことがない相手が自分のことを覚えていてくれた場合、「この人はできる!」とかなり好感度が上がる。 特に相手が目上の方だったらなおさらだ。

偉い人ほど顔と名前を覚えるべきだと思っている。

一般的に、偉くなればなるほど名前が知れ渡って、一方的に知られる可能性が高い。 そんな時こそチャンスだ。

「え、こんな人が自分のことを知ってくれているの?」となると、途端にその人に対する好感度は上がるものだ。

自分とは遠い世界の人だと認識されると好感度は下がっていく。

まとめ

顔と名前を覚えるだけで、人生がちょっと良い方向に変わるかもしれない。

一方的に覚えているとツラいことも多いけれど、それも上手く利用できるとコミュニケーションを円滑に進めることができる。